ロゴ

写真01

園芸療法士資格制度

資格認定制度概要

 日本園芸療法学会では、園芸療法の質の向上と保証のために学会が認定する園芸療法士の資格制度を設けています。
 登録園芸療法士資格認定制度は、2002年から人間・植物関係学会の園芸療法研究部会が検討を進め、2005年4月に創設されました。2005年度から2007年度までの3回の審査で総勢41名の合格者を認定しています。2008年度から日本園芸療法学会へ移譲され、年1回春に資格審査を行っています。2015年度からは、「認定登録園芸療法士」資格のみ、学会認定の教育機関もしくは教育講座を修了していない人も筆記試験をうけることで、受験資格が取得できるようになりました。

 資格は認定登録園芸療法士(毎年審査)、専門認定登録園芸療法士(毎年審査)、専門認定登録園芸療法士(当面実施しません)の三段階です。いずれも、学会員であることが基本です。(受験資格などは、認定試験参照)

 

講習会情報
現在のところ講習会の実施は未定です。